就職活動とマナー

マナーをきちんとわきまえていないと、就職活動の選考で落とされてしまうのではないかと考えている学生が、数多くいるようですが、実は、細かいマナーについては、企業側はさほど気にしていないものです。髪の毛が茶色いことは、色の明るさにもよりますが、そこまで印象が悪いことではありませんし、スーツの色は黒でなければダメだということもありません。ノックの回数が2回であろうと3回であろうと、採用担当者はさほど気にしないものです。もっと細かいマナーを見ていくと、座るときに鞄を右に置こうと左に置こうとかまいませんし、面接でつい学生言葉を使用しても、きちんとした社会人としての言葉は、社会人になれば自然と覚えるものです。

学生の間は、敬語を使う機会が少ないので、敬語がたどたどしい人も多いですが、会社で毎日敬語を使っていれば誰だって慣れてきます。手紙に敬具などの言葉を入れ忘れていたとしても、そんなにマイナスにはなりません。もちろん、金髪であぐらをかくなどといった常識外れの行為の人は、落とされるでしょうが、一般的なマナーを守っていればいいのです。電話をかけたら名前を名乗るとか、人に会ったら挨拶をするとか、説明を受けている時には私語を慎むとか、そういった誰が見ても当たり前のことが当たり前にできていて、相手に敬意を払っていることが伝わればそれで充分です。

強いていれば、わかりましたというときに、かしこまりましたと言うと、感じがいいので、そういったところで差をつければ効果的なのではないでしょうか。

※注目サイト※
求人情報をインターネットで探したい方向けの求人情報専門サイトです・・・求人

Copyright © 2014 就職活動に大切なこと All Rights Reserved.